つーとろっとJA1XWK

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬吠埼霧信号所

<<   作成日時 : 2007/12/17 15:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

明治43年から約100年にわたり、霧などによって視界が悪いとき音によって位置を知らせてきた霧信号所が来年3月廃止解体され、終了の特別吹鳴が行われる予定だそうです。
圧縮空気を送りラッパを鳴らせるエアサイレン方式で日本で唯一の方法だそうです。写真右側のラッパは海に向いています。

銚子では梅雨時から夏に霧がよく発生しますが、そんなとき「ぶぉー、ぶをぉー」とならしています、約4qはなれた我が家にも聞こえて来ますが、低くもの悲しく響きます、近くのひとには大きな音で耳障りだったでしょう。子供の頃この不思議な音はなんだろうといつも感じていました、大人たちから「これは犬吠に大きな牛がいて鳴いているんだ」とからかわれしばらく本気でそう思いこんでいました。
小学校に上がってから、赤木圭一郎主演の「霧笛が俺を呼んでいる」という映画が上映されこれが霧笛というものだとわかりました。

技術の進歩によって、燈台も音や光に変わり電波で位置を知らせるようになりまた、GPSで自分の位置がわかるようになって、役目が終わってしまうのでしょうが、夏の風物詩といった懐かしいものが無くなってしまうのは寂しいのもです。「犬吠の大きな牛」は解体されても資料館に残されますように願ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無料アクセス解析
犬吠埼霧信号所 つーとろっとJA1XWK/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる